読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

トレッドミルで傾斜15%

こんにちは、コウ☆ヘイです。

今日は子どものイベントで朝から一日外出。

夕方帰ってから少しだけトレッドミルで走ってきました。

7.5km、50:00、キロ6:36。




最初はウォーミングアップでキロ6:00くらい。

そのあと傾斜5%にしてキロ6:00で20分。

次に傾斜を9%にあげて10分。

あと5分ずつ傾斜を12%15%にあげて、かわりにペースを落として走りました。

再来週の菅平スカイライントレイルランレース、7月初の美ヶ原トレイルラン、7月末の富士登山競走に向けて、登りに強い脚を作りたいところです。
第10回記念 菅平スカイライン トレイルランレース | 10th Anniversary Sugadaira Skyline Trail Run Race
inov-8 CUP 第7回美ヶ原トレイルラン | inov-8 CUP Utsukushigahara Trali Run
富士登山競走 富士山の頂へ 日本一の山岳レース

なかなか山には行けないので、あんまり好きではないトレッドミルも頑張ります。

持久力と強い脚を作っておけば、秋冬のフルマラソンにも活きてくるでしょう。

15kmビルドアップ走

こんにちは、コウ☆ヘイです。

今日は朝ラン。

平日はなかなか早起き出来ないけど、休日は起きられます。

スピード練習として15kmビルドアップ走です。

16.0km、1:20:24、キロ5:01。

最初の5kmはキロ5:20、次の5kmはキロ4:55、最後の5kmはキロ4:30。

いつも最後の5kmは苦しいですが、今日もなんとか走り切れました。



スピード練習のときはいつもアシックスasicsターサージールTARTHERZEAL5

非常に軽くて、たったの168g(サイズ27.0cm)。

スピード練習にはぴったりのシューズです。

[アシックス] ランニングシューズ TARTHERZEAL 5 TJR288(17春夏モデル) 3007ショッキングオレンジ/フラッシュイエロー 28.0

新品価格
¥12,042から
(2017/5/27 09:30時点)

ゆるゆるの帰宅ラン

こんにちは、コウ☆ヘイです。

今朝はだいぶ雨が降っていたので朝ランはお休み。

かわりにのんびり帰宅ラン。

3.7km、27:23、キロ7:17。

今日は相当軽めです。

明日のポイント練習に備えて、ゆっくり休みましょう。



最近の帰宅ランはもっぱらHoka one oneTRACER

厚底でクッション性が高いのですが、結構軽量なシューズで、わずか200g。

十分な軽さですね。


メンズはこちら↓

HOKA ONE ONE TRACER Men’s ホカ オネオネ トレーサー メンズ ランニングシューズ クッション 軽量【 送料無料 】

価格:18,360円
(2017/5/9 21:35時点)

ウィメンズはこちら↓

HOKA ONE ONE TRACER WOMEN,S ホカ オネオネ トレーサー ウーメンズ ランニングシューズ クッション 軽量【 送料無料 】

価格:18,360円
(2017/5/9 21:36時点)

シナノのトレランポール13.6pro

こんにちは、コウ☆ヘイです。

今日は夜ラン。

ガチユル走のアレンジメニューで、ガチの部分を坂道インターバルにしました。

10.5km、1:00:16、キロ5:44。



坂道インターバルは250m、高さ20mくらいの坂道ダッシュを6本。

そのあとのゆるジョグはキロ6分くらいで。

まだまだ脚に疲労があるけど、だいぶ戻ってきたかな。

また週末はポイント練習できそうな体調です。




2週間後の6/11(日)は第10回記念 菅平スカイライン トレイルランレースに参加します。
第10回記念 菅平スカイライン トレイルランレース | 10th Anniversary Sugadaira Skyline Trail Run Race

去年の優勝タイムが4時間なので、その2倍の8時間が目標タイムかな。



菅平スカイライン トレイルランレースに向けて投入予定の武器があります。

それは、シナノのトレランポール13.6pro
トレイルランニング | シナノの物づくり | 株式会社シナノ




菅平に向けて先週末に購入し、早速この前の雲取山トレイルランで試してきました。

感想は、ホントに軽い

フツーの登山用にブラックダイヤモンドBlack Diamondのポールも使っていますが、それと比べると格段に軽いです。

それもそのはず、一本がわずか150gほど。

スマホくらいの重さです。

組み立ても簡単です。

グリップ上部のキャップを開いて、中のコードを引っ張るだけ。



シナノのトレランポール13.6proのおかげで、雲取山トレイルランでは登りがずいぶん楽でした。

そのおかげで下りやフラットな場所で走る余力を残せた気がします。

ただ、やっぱり腕は疲れますね。(^^;

でも、みなさんにもお勧めですよ。

お買い物マラソン期間中ポイント3倍17年モデル sinano シナノ トレランポール13.6Pro 上級モデル 超軽量タイプ トレランポール

価格:16,490円
(2017/5/25 23:36時点)

Amazonはこちら↓

シナノ(SINANO) SINANO シナノ トレイルランニング専用ポール 2本1組 トレランポール13.6Pro レッド 105cm レッド

新品価格
¥19,440から
(2017/5/26 07:10時点)


シナノ(SINANO) SINANO シナノ トレイルランニング専用ポール 2本1組 トレランポール13.6Pro レッド 110cm レッド

新品価格
¥19,440から
(2017/5/26 07:09時点)


シナノ(SINANO) SINANO シナノ トレイルランニング専用ポール 2本1組 トレランポール13.6Pro レッド 115cm レッド

新品価格
¥19,440から
(2017/5/25 23:40時点)



多少重くなるものの、耐久性を高めたトレランポール14.0というモデルもあります。

【SHINANO/シナノ】 Trailrun Pole 14.0 / トレランポール14.0

価格:15,120円
(2017/5/25 23:38時点)

帰宅ゆるジョグ

こんにちは、コウ☆ヘイです。

昨日は一日休養でしたが、今日は少しだけ帰宅ラン。

4.2km、31:24、キロ7:30。

かなりゆるジョグでしたが、とくに前腿に疲れが残っている感じ。

今日のゆるジョグでカラダが解れて、血行も良くなって少し回復するかな。

また帰ってアミノ酸を補給して、明日の朝は天気が良ければ走ろうかな。

グレゴリー テンポ8

こんにちは、コウ☆ヘイです。

昨日は東京都最高峰の雲取山トレイルランニングに行ってきました。

さすがに35km、累積標高差2470mは脚にダメージがあります。

筋肉痛ではないものの、ダルい。

というわけで、今日は完全休養です。

サプリや甘酒でたっぷりアミノ酸を取って、カラダを休めます。




ところで、昨日の雲取山トレイルランで使った私のバックパックの紹介です。

グレゴリーGregoryテンポTempo8

昨シーズンから使っている相棒で、去年参加した三河パワートレイルSpa TrailIzu Trail Journyといった70kmクラスのレースで活躍しました。

これくらいの距離の大会なら十分ですが、容量は8リットルなので、秋冬などでダウンも持っていきたい、とか、ハセツネみたいな大会やプライベートなトレラントリップなどで食料もたっぷりいる、とかの場合は少し物足りない人がいるかもしれません。

その辺りは、脚力と所要時間によると思いますので、自分で判断する必要がありそうです。



最近の流行りはソフトフラスコもジェルも全部フロントポケットに入れるアスリート?タイプのようですが、このテンポ8はハイドレーションタイプです。

正直、ハイドレーションの水を入れ替える時間が惜しくなるほど速いわけでもないので、不安の無い量の水を入れられるハイドレーションの方がいいですね。

水を入れ替えないにしてもエイドでしっかり休むし。

でも、フロントポケットにもそれなりにモノは入ります。

ジェルは10個くらいと、あとはiPhone6Sが入る防水ポケットが便利です。

いちいちスマホジップロックに入れる手間も掛からないですし。

背負い心地、フィット感も良いと思いますが、こればっかりは体格差などがあるので、ホントに人によると思います。



まとめると、買って良かったな、と思えるお気に入りのバックパックです。

みなさんも機会があれば是非試して見てください。

GREGORY TEMPO835%off 16,000円→10,400円

価格:11,232円
(2017/5/23 23:25時点)

5リットルモデルはこちら↓

GREGORY TEMPO535%off 15,000円→9,750円

価格:10,530円
(2017/5/23 23:26時点)



あと、グレゴリーGregoryからはルーファスRufous8というモデルも出ています。

こちらもハイドレーションタイプですが、よりフロントポケットを充実させた最新モデルです。

【公式】 グレゴリー GREGORY ルーファス8 RUFOUS M8 Mens メンズ トレイルランニング

価格:16,200円
(2017/5/23 23:27時点)

トレイルランニング@雲取山

こんにちは、コウ☆ヘイです。

今日はお仕事を休んで、東京都最高峰の雲取山へトレランしに行ってきました。

雲取山の標高2017mということで、年男ならぬ年山。

私はこれまで2回ほど登ったことがあるのですが、いずれも雪山シーズン。

なので、今回初めて夏山シーズンに雲取山に登りました。

35.6km、6:27:31、キロ10:52、累積標高差2470m。




今回は、雪山シーズンと同じく鴨沢から登って、帰りは石尾根を縦走して奥多摩駅まで帰るロングルートです。

まずは奥多摩駅から鴨沢までバスで移動して、降りたらそこが登山口。

少し登ると小袖の丹波山村村営駐車場。

少し舗装路を登ってから本格的に登山道へ。

基本的には歩きやすい道で、新緑がホントに眩しい。

堂所という場所(途中の七ツ石山までの中間点あたり?)を過ぎて、七ツ石山は巻いていくと、少し展望が開けてきます。

ブナ坂に到着。

ここから雲取山まで石尾根を登ります。

有名なダンシングツリー。

石尾根からは富士山や南アルプスが見えます。

ブナ坂から雲取山までの石尾根はこんな感じの道で、西側が防火帯として木が伐採されています。

奥多摩小屋を越えて黙々と登ると、山頂の避難小屋が見えてきました。

山頂の山梨県の標識、ここまで2時間半でした。

富士山の眺望が素晴らしい。

登ってきた石尾根を振り返ります。

東京都の山頂標識は最近新設。

山頂から三峰側の雲取山荘に降りました。

ここから巻道で石尾根に戻ります。

石尾根に出てからは同じルートでブナ坂まで戻り、七ツ石山への急登を登ります。

七ツ石山の山頂標識も立派。

七ツ石山から奥多摩駅へ向かう石尾根からは、三頭山や丹沢とか御坂山地あたりの眺望が良いです。

巻道を使うとかなり走りやすいです。

でも、石尾根上の全てのピークを踏んでみました。

実際に走るまでは、奥多摩駅までずっと下りの天国みたいなトレイルだと勝手に思ってましたが、想像以上にアップダウンがあります。

でも、ホントに新緑がみずみずしくていい雰囲気。

ずっとこんな感じならいいのにね。

だいぶ走って疲れがかなり出てきた頃、ようやく奥多摩駅近くの登山口まで下りてきました。

でも後少し、案内板に従って奥多摩駅へ向かいます。

そして、ゴール!



長い長い石尾根、かなり手強かったです。

次行くときは全部巻道かな。(^^;

お疲れさまでした。